「ブラックホークダウン」の感想

非常にリアリティを感じる近代戦を描いた戦争映画です。
リアリティを感じる…というのは、本当に「リアル」と言い切れない点があるからです。
それは、米軍兵士の戦闘中の動きがやや遅いこと。
軍事に詳しいマニアな人によると、実際にはもっとダッシュを繰り返したり、アスリートのように素早く動くそうです。
ただ、私としてはそのような粗は気になりませんでした。
ドキュメンタリーに近い作品であり、実際に戦争被害者が出ている話なのであまりかっこいいとかは言ってはいけないのかもしれないですが、それでも米軍の兵器や、危機に陥っても仲間たちと協力して立ち向かう人間ドラマはとてもかっこいいです。

世界最強であるはずの米軍が、無数に迫りくる民間人の攻撃で次々とピンチに陥っておき、それでも仲間と連携して戦って生き延びようと努力する姿はとても熱いものがこみ上げてきます。

見終わったあと、つい壁際を見つけると身を潜めてみたり、道から道へと周囲を見渡しながら素早く動いてみたりとアーミーごっこをやりたくなります。

最近ではFPSなどの戦争ゲームが多く出ているので、比較的気軽にこの映画の雰囲気を味わえるようになりました。